[Windows] タスクスケジューラでログオン時にbat実行

タスクスケジューラを使って、
ログオン時にスクリプトを実行するようにする。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1305/31/news049.html

まず、タスクスケジューラ起動。
「コンピューター」を右クリックで、「管理」
「タスクスケジューラ」-「タスクスケジューラ ライブラリ」

タスクの作成

右側の、「基本タスクの作成…」をクリック。

名前と説明を入力。
とりあえず「test」

トリガーは「ログオン時」

「参照」から実行する.batファイルを選択。

(test.bat)

@echo off
echo "hello"
pause > nul

で、「完了」

実際に、ログオフ→ログオン

ログオン後にターミナルが出て、
“hello”が表示される。

なんか1行目に変なのが入ってるw
保存形式悪いかな?

エンコードが、「UTF-8,BOM有り」になってたので、
試しに「UTF-8,BOM無し」で保存してみる。

で、.batファイル実行。

よし、1行目の変なのなくなった。

ちなみに、BOMって何?
バイトオーダーマーク(Wikipedia)

バイトオーダーマーク。
Unicodeで表現していることを示す。
先頭数バイトの付加データのこと。

・・・それが、.batファイルでは、
スクリプトの一部として認識されるの?
意外と落とし穴になるかも。

.batファイルを保存するときは、BOM有り形式は禁止。

エクスポート/インポート

続いて、タスクをエクスポートしてみます。

さっき作ったタスクを選択して、
右クリック→「エクスポート」
すると、.xmlファイルで書き出される。

.xmlファイルについては、
よくわかりません。

逆に、インポートすることもできる。

一度、作ったタスクを削除して、
右側の、「タスクのインポート」から、
さっきエクスポートした.xmlファイルを選択。
「OK」を押せばインポートされる。

その他

タスクの作成とかは、コマンドでもできるらしい。
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12161431277

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です