[VirtualBox] ネットワーク設定(Host Only)

VirtualBoxのネットワーク設定で、
気になる、「ホストオンリーアダプター」。

これがどういうものなのか、
見ていきたいと思います。

〇ゲストOSのネットワーク設定

ネットワーク設定を「ホストオンリーアダプター」に設定すると。

[root@localhost ~]# ifconfig
(抜粋)
enp0s3: flags=4163  mtu 1500
        inet 192.168.56.101  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.56.255

[root@localhost ~]# netstat -nr
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags   MSS Window  irtt Iface
192.168.56.0    0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 enp0s3
192.168.122.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 virbr0

ゲストOS(CentOS)のenp0s3インターフェイスに、
192.168.56.101/24 のアドレスが振られています。
(enp0s3はDHCP設定)

このアドレスは、ホストOS(Windows)の、
「VirtualBox Host-Only Network」のセグメント。

>ipconfig
イーサネット アダプター VirtualBox Host-Only Network:

   接続固有の DNS サフィックス . . . . .:
   リンクローカル IPv6 アドレス. . . . .: fe80::ad9f:2179:d71e:f8ed%11
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.56.1
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:

ゲストOSのインターフェイスには、
VirtualBoxのネットワーク設定に応じて、
DHCPでアドレスが振られるみたいです。

その時のDHCPのパケットキャプチャがこちら。

192.168.56.100 から、アドレスをもらってます。

ちなみに、「VirtualBox Host-Only Network」のアドレスを
別のセグメントに変更しても、
ゲストOSに振られるIPアドレスは変わらない。

また、NAT設定の時は、

[root@localhost ~]# ifconfig
enp0s3: flags=4163  mtu 1500
        inet 10.0.2.15  netmask 255.255.255.0  broadcast 10.0.2.255

[root@localhost ~]# netstat -nr
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags   MSS Window  irtt Iface
0.0.0.0         10.0.2.2        0.0.0.0         UG        0 0          0 enp0s3
10.0.2.0        0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 enp0s3
192.168.122.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 virbr0

enp0s3のIPアドレスが、10.0.2.15/24 で、
デフォルトゲートウェイが、10.0.2.2 となっています。
これも同様に、10.0.2.2 からDHCPで振られている。

〇疎通確認

それでは、ゲストOSから疎通確認をしてみます。

①DHCPの送信元(192.168.56.100)へ
 → OK
②ホストOSのVirtualBox Host-Only Network IFへ
 → OK(セキュリティソフトのファイアウォール機能を無効のこと)
③ホストOSが接続しているNWのデフォルトゲートウェイへ
 → NG

これで、名前の通りゲストOSが、ホストの専用IFとだけ
通信するための設定なんだと思いますが、

③については、Windowsが、
「VirtualBox Host-Only Network」IFから来た通信を、
別のIFへ転送(ルーティング)していないことが原因
ということも考えられる。

Windowsでルーティングを有効にするのが、
「Routing and Remote Access」サービスらしい。

参考:Windowsをルーター化させる方法。サーバー・パソコンでWindowsルータ構築(外部サイト)

これを、有効にして、再度↑↑の③を実施。

→やっぱりNG

ここで、ちょっと横道に逸れますが、
そもそも、「Routing and Remote Access」サービスというもので、
本当にルーティングをできるようになるのか、確かめてみたい。

〇Routing and Remote Accessの検証

↓のように構成を作り、
Routing and Remote Accessサービスを有効にして、
疎通がとれるかどうか、見てみる。

WindowsにUSB-LANアダプタでIFを増やして、
ルーターB→Aの疎通確認をする。

→疎通OK

サービスを停止すると、疎通はNGになる。

本当にルーティングが有効になるみたい。

「Routing and Remote Access」サービスの有効性が確認できたので、
サービスを有効にしても、外部NWへの通信ができないのは、
Windowsのルーティングの問題ではないことが分かった。

→「ホストオンリーアダプター」は、ゲストOSが、
ホストの専用IFとだけ通信するための設定みたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です