[VirtualBox] ネットワーク設定(NAT)

VirtualBoxのネットワーク設定。
今回は、NATに設定した場合の動作を見ていく。

ちなみに、VirtualBoxには、
CentOS 7.6がインストールしてある。

構成のイメージとしてはこんな感じ。

CentOSのネットワーク設定は以下の通り。

[root@localhost ~]# ifconfig
enp0s3: flags=4163  mtu 1500
        inet 10.0.2.15  netmask 255.255.255.0  broadcast 10.0.2.255
        (v6、MACアドレス、カウンタ等の表示は省略)

lo: flags=73  mtu 65536
        inet 127.0.0.1  netmask 255.0.0.0
        (省略)

virbr0: flags=4099  mtu 1500
        inet 192.168.122.1  netmask 255.255.255.0  broadcast 192.168.122.255
        (省略)

[root@localhost ~]# netstat -nr
Kernel IP routing table
Destination     Gateway         Genmask         Flags   MSS Window  irtt Iface
0.0.0.0         10.0.2.2        0.0.0.0         UG        0 0          0 enp0s3
10.0.2.0        0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 enp0s3
192.168.122.0   0.0.0.0         255.255.255.0   U         0 0          0 virbr0

外部ネットワークとなる、ホストPC(Windows)の
ネットワーク設定は以下の通り。

>ipconfig

Windows IP 構成

イーサネット アダプター VirtualBox Host-Only Network:
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.56.1
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:

イーサネット アダプター Npcap Loopback Adapter:
   自動構成 IPv4 アドレス. . . . . . . .: 169.254.128.194
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.0.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .:

Wireless LAN adapter Wi-Fi:
   IPv4 アドレス . . . . . . . . . . . .: 192.168.11.2
   サブネット マスク . . . . . . . . . .: 255.255.255.0
   デフォルト ゲートウェイ . . . . . . .: 192.168.11.1

>route print -4
===========================================================================
インターフェイス一覧
 11...** ** ** ** ** ** ......VirtualBox Host-Only Ethernet Adapter
  7...** ** ** ** ** ** ......Npcap Loopback Adapter
 20...** ** ** ** ** ** ......Intel(R) Wireless-AC 9560 160MHz
  1...........................Software Loopback Interface 1
===========================================================================

IPv4 ルート テーブル
===========================================================================
アクティブ ルート:
ネットワーク宛先        ネットマスク          ゲートウェイ       インターフェイス  メトリック
          0.0.0.0          0.0.0.0     192.168.11.1     192.168.11.2     35
        127.0.0.0        255.0.0.0            リンク上         127.0.0.1    331
        127.0.0.1  255.255.255.255            リンク上         127.0.0.1    331
     192.168.11.0    255.255.255.0            リンク上      192.168.11.2    291
     192.168.11.2  255.255.255.255            リンク上      192.168.11.2    291
     192.168.56.0    255.255.255.0            リンク上      192.168.56.1    281
     192.168.56.1  255.255.255.255            リンク上      192.168.56.1    281
===========================================================================
固定ルート:
  なし

(一部、関係ないところは省略してある。)

内部→外部ネットワーク

CentOSからRouterに向けてpingを実行し、
CentOS側、Windows側それぞれでパケットキャプチャ。

CentOSでWireSharkをインストールする方法
https://kaworu.jpn.org/kaworu/2013-05-27-1.php

●結果

CentOS側:enp0s3

Windows側:Wireless LAN adapter Wi-Fi

CentOSのenp0s3インターフェイス(10.0.2.15)からpingを発し、
NATでWindowsのWi-FiインターフェイスのIPに送信元が変換され、
通信が通っている。

ちなみに、普通に送信元IPが変換されましたが、
変換されるのはIPアドレスだけでしょうか?
それとも、NAPTでしょうか?

というわけで、HTTPの通信も見てみます。
CentOSでブラウザを開いてRouterの管理画面へアクセス。

●結果

CentOS側:enp0s3

“GET / “のリクエストのSouce Portを比較。
Souce Port : 43152

Windows側:Wireless LAN adapter Wi-Fi

Souce Port : 51488

Souce Portも変換されています。
NAPTですね。

では、今回はここまで。
次回は、外部→内部ネットワークの通信を見てみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です